離婚後にもあるトラブル

調停離婚の手続きが進んで、離婚の条件に同意が得られた時に調停離婚が成立します。離婚・別居・同居とそれぞれの条件のもとに手続きが進んでいきますが、必ずしも決まったこと全てが守られるわけではありません。

子ども調停離婚の際の条件として、離婚する夫婦に子どもがいる場合には、母親に親権が渡り、父親に養育費の支払い義務が発生する場合があります。子どもが成人するまで、経済力に応じて、月数万円の養育費の支払いをしていかなければなりません。毎月、養育費を支払い続けるのは、なかなか大変ですので、支払いが滞ることが多々あります。

しかも、再婚することになった場合には、尚更です。そのような場合には、直接、当事者が支払いの催促をして、支払いを受けることは簡単なことではありません。養育費の支払いのための強制執行や履行勧告や命令を行うことを弁護士に介して相談することが、確実に養育費の支払いを促す手段です。このように、必要なとタイミングで弁護士に相談することが、満足いく解決策の一つなのです。せっかく勝ちとった子どもの親権と養育費をもらう権利を無駄にすることがないようにしましょう。しっかりとした気持ちを持ち、対処する姿勢も大切です。

 

トラブルもある離婚

調停離婚は、自分ひとりでも対応できますが、弁護士に相談する人も少なくないです。双方が話し合いで合意出来なかったので、調停離婚へと発展していますので、トラブルになることも多くあります。調停離婚によるトラブルを回避するためには、弁護士に相談して離婚へのステップを進めたほうが効率がいいでしょう

弁護士弁護士の選任は、やはり離婚問題などに強い方にお願いするのがいいです。広い知識と経験があり、とても頼りがいがあります。また、面倒見の良さやフィーリングが合う方なども選任時の大切なポイントです。弁護士事務所には、メールでのコンタクトや初回の相談が無料となることが多いので、試しに連絡してみるとよいでしょう。

頼りがいのある弁護士が見つかっても、調停の場に相手が出頭してこないことも多いです。相手が出頭しない場合は調停不成立となり、この時点での離婚はできないことになります。出頭しない時は、家庭裁判所からの出頭勧告や調査官の訪問による説得がされます。これで、いざ調停が始まると、出頭していない方の心証は悪くなっています。このように、調停離婚には、頼れる専門家に相談することや真摯な態度で望むことが、有利な方向へ持っていく条件となっているのではないでしょうか。

▽関連サイト▽
弁護士へ離婚トラブル相談<小原法律特許事務所>


⇒⇒⇒離婚後にもあるトラブル

思惑が重なる離婚

相手との性格の不一致や家事や育児の認識の違いなどで、離婚を考えた時。離婚の手続きがスムーズに進むのはどのようにした場合でしょうか。離婚の成立を効率良く進めるためにできることは、弁護士に相談することも良いでしょう

相談話し合いが成立して離婚することを協議離婚といいますが、合意できないと調停離婚という方法に移っていきます。この調停離婚は、弁護士を立てて行う場合もありますし、本人だけで行う場合もあります。相手が弁護士を立てても、こちらは弁護士を立てない場合もあります。協議離婚では、離婚したい方としたくない方、離婚原因を作った方とそうでない方というように現状が様々あるので、双方の複雑な思惑が重なり合います。感情も入りやすくなるので、冷静に事態を見守って主張や反論をしてくれる弁護士がいれば、とても心強くなります。冷静で公平な判断を下すのは、調停人ですが、あくまでも公平な立場なので、味方になってくれるわけではありません。主張したいことをきちんとし、希望を聞き入れてもらうためには弁護士に相談することが心強い方法です。

弁護士に相談するには、初回は無料で行ってくれる所が多いです。良さそうな弁護士事務所に相談に行くといいですね。親身になってくれる相性の良い弁護士を探してから、調停離婚をすすめましょう。


⇒⇒⇒トラブルもある離婚

離婚は弁護士にお任せ

離婚を考えたときには、自分ひとりで抱え込まない方がいい場合があります。相手が離婚を望んでいない場合などです。話が泥沼化して整理するのも難しくなるために、弁護士という専門家の力を借りたほうが良いでしょう。この記事では、調停離婚と弁護士への相談について触れていきます。

離婚まず、性格の不一致などで離婚をしたい場合には、話し合いのみで解決する協議離婚をするように働きかけます。この段階で、離婚が成立すれば問題がありませんが、希望が通らない場合や離婚に応じてもらえない場合には、調停離婚の手続きへと進んでいきます。この段階では、弁護士に助けてもらう必要は特にありませんが、相手に弁護士がついた場合や子どもの親権を撮りたい場合、養育費や慰謝料を払ってもらいたい場合には、弁護士に助けてもらったほうがいいでしょう

弁護士には、初回の30分ほどは無料で相談できるシステムを設けている所が多くあります。離婚に精通している弁護士を探すことはもちろんのこと、こちらの話をよく聞いてもらえるかなどの性格合致などを確認する事も大切です。一旦、調停離婚で養育費の支払いなどが通ったとしても、支払いが滞ることもあります。ひとりで支払いのお願いをしたとしても、強い効力があるわけではありませんので、弁護士の力添えを受けるといいでしょう。突然の弁護士から催促されることにより、思わぬ力を感じるのか支払いに応じてくれる場合が沢山あります。以上のことから、調停離婚でも。弁護士に相談することにより、スムーズに離婚手続きが進むのではないでしょうか。


⇒⇒⇒思惑が重なる離婚