トラブルもある離婚

調停離婚は、自分ひとりでも対応できますが、弁護士に相談する人も少なくないです。双方が話し合いで合意出来なかったので、調停離婚へと発展していますので、トラブルになることも多くあります。調停離婚によるトラブルを回避するためには、弁護士に相談して離婚へのステップを進めたほうが効率がいいでしょう

弁護士弁護士の選任は、やはり離婚問題などに強い方にお願いするのがいいです。広い知識と経験があり、とても頼りがいがあります。また、面倒見の良さやフィーリングが合う方なども選任時の大切なポイントです。弁護士事務所には、メールでのコンタクトや初回の相談が無料となることが多いので、試しに連絡してみるとよいでしょう。

頼りがいのある弁護士が見つかっても、調停の場に相手が出頭してこないことも多いです。相手が出頭しない場合は調停不成立となり、この時点での離婚はできないことになります。出頭しない時は、家庭裁判所からの出頭勧告や調査官の訪問による説得がされます。これで、いざ調停が始まると、出頭していない方の心証は悪くなっています。このように、調停離婚には、頼れる専門家に相談することや真摯な態度で望むことが、有利な方向へ持っていく条件となっているのではないでしょうか。


⇒⇒⇒離婚後にもあるトラブル