思惑が重なる離婚

相手との性格の不一致や家事や育児の認識の違いなどで、離婚を考えた時。離婚の手続きがスムーズに進むのはどのようにした場合でしょうか。離婚の成立を効率良く進めるためにできることは、弁護士に相談することも良いでしょう

相談話し合いが成立して離婚することを協議離婚といいますが、合意できないと調停離婚という方法に移っていきます。この調停離婚は、弁護士を立てて行う場合もありますし、本人だけで行う場合もあります。相手が弁護士を立てても、こちらは弁護士を立てない場合もあります。協議離婚では、離婚したい方としたくない方、離婚原因を作った方とそうでない方というように現状が様々あるので、双方の複雑な思惑が重なり合います。感情も入りやすくなるので、冷静に事態を見守って主張や反論をしてくれる弁護士がいれば、とても心強くなります。冷静で公平な判断を下すのは、調停人ですが、あくまでも公平な立場なので、味方になってくれるわけではありません。主張したいことをきちんとし、希望を聞き入れてもらうためには弁護士に相談することが心強い方法です。

弁護士に相談するには、初回は無料で行ってくれる所が多いです。良さそうな弁護士事務所に相談に行くといいですね。親身になってくれる相性の良い弁護士を探してから、調停離婚をすすめましょう。


⇒⇒⇒トラブルもある離婚