離婚は弁護士にお任せ

離婚を考えたときには、自分ひとりで抱え込まない方がいい場合があります。相手が離婚を望んでいない場合などです。話が泥沼化して整理するのも難しくなるために、弁護士という専門家の力を借りたほうが良いでしょう。この記事では、調停離婚と弁護士への相談について触れていきます。

離婚まず、性格の不一致などで離婚をしたい場合には、話し合いのみで解決する協議離婚をするように働きかけます。この段階で、離婚が成立すれば問題がありませんが、希望が通らない場合や離婚に応じてもらえない場合には、調停離婚の手続きへと進んでいきます。この段階では、弁護士に助けてもらう必要は特にありませんが、相手に弁護士がついた場合や子どもの親権を撮りたい場合、養育費や慰謝料を払ってもらいたい場合には、弁護士に助けてもらったほうがいいでしょう

弁護士には、初回の30分ほどは無料で相談できるシステムを設けている所が多くあります。離婚に精通している弁護士を探すことはもちろんのこと、こちらの話をよく聞いてもらえるかなどの性格合致などを確認する事も大切です。一旦、調停離婚で養育費の支払いなどが通ったとしても、支払いが滞ることもあります。ひとりで支払いのお願いをしたとしても、強い効力があるわけではありませんので、弁護士の力添えを受けるといいでしょう。突然の弁護士から催促されることにより、思わぬ力を感じるのか支払いに応じてくれる場合が沢山あります。以上のことから、調停離婚でも。弁護士に相談することにより、スムーズに離婚手続きが進むのではないでしょうか。


⇒⇒⇒思惑が重なる離婚